[ファッション] コートで変化、今季の冬服事情




今期、秋口に FRAMeWORK にて購入した
ライトキルティングのコート。











本格的な冬仕様のコートが出揃う前の商品で
真冬用ではなく、軽めの羽織物といった風合い。











かなりのオーバーサイズ。
身長167cmの私が着用して脹脛まである着丈。
ロングワンピースもスッポリ包み込んでくれるのに
めちゃくちゃ軽い!





まるで着用していないかのようなライト感なのに
全身包み込んでくれるからか意外と暖かく
購入以来、ほぼ毎日のように着用。





しかし、
いくら何でも年が明け寒さが本格的になると
厳しいんじゃないの? と思いつつも




ラプアンカンクリ ポケット付ショール
ZARA ざっくりスヌード








いつもの
薄手のコットンやリネンの重ね着スタイル に、











ヒラリと羽織りすっぽりスヌード。












雪の日や、雪が積もった翌朝は
ふんわりショールで覆ったら











案外大丈夫だったり。
尤も、平日はほぼ家と会社の往復で外を出歩くのは
1日30分前後の生活スタイルだからと言うことも。





さすがに、真冬はこのコートでは頼りない? と
年明けから着用する気満々だった
LAVENHAM のウールキルティング。











年明け早々、
ライトキルティングのコートを着用したまま
ハンバーガーを食べていたら中のチーズがドロリと滴れて
クリーニングに出していた1週間だけ着用してみたものの





昨年までは感じなかった、コートの重さにビックリ!
ライトキルティングに慣れてしまったら
ウールが殊更重たく感じるように。





同様に、大寒波で降雪したら絶対出番と
考えていた GYMPHLEX のダウンも、











中の服に干渉しないオーバーサイズに
すっかり慣れた身にはかなり窮屈感。
ワンピースにシワが寄るのも問題!





ライトキルティングのオーバーコートで
ロングワンピやシャツワンピの重ね着スタイルが
すっかり定番化し、昨年と冬服事情に変化が。





例えば、このモコモコ類。
秋の衣替の厳しい断捨離を生き残ったものたちが、



GYMPHLEX





無印良品





jodi arden





厚手コットン










今期一度も出番なし。
もはやどのように着用して良いかも分からないと言う・・・








春夏には1枚で着用する

リネンやコットンの

ロングシャツやワンピースを重ね着して

ライトキルティングをふわりと羽織る

軽くて楽で着心地の良いコーディネイト








加齢と共に落ちる筋力、崩れる体の線、
苦手な締め付け感。
そんな悩みも ふわ軽楽コーデ で万事解決。






そして、ふわ軽楽コーデ に欠かせないのは
大切な下半身を冷えから守ってくれる
UNIQLO のヒートテック ボトムス。











SALE 価格だったので、
同じものを買い足して今年初 UNIQLO 。
これでまた冬の安心が増えました。











残り物のおでんでランチで
体の内からぬくぬく。











今年はまだまだ寒い日が続きそうだけれど
降雪を経験してみたら、ふわ軽楽コーデ 
冬を乗り越えられると言う自信が付きました。













prev            next





コメント