[台湾] ● 備忘録 ● 2017年3月 台湾母娘2人旅 ②2日目 国立台湾大学→大安森林公園→台北101

今年の春休み
私と娘、女二人アジアの旅 香港へ。



旅程を考えたり荷物の準備をする際に、
昨年訪れた台湾旅行記がとても参考になったので
備忘録として残すことにしました。

 → ① 初日 桃園空港到着からホテルへ



● ● ● ● ● ● ● ● ● ●



②2日目 国立台湾大学→大安森林公園→台北101


初めての台湾の朝。





薄曇りの街。





数日前から台北市の天気予報をチェックするもずっと曇雨。。。
調べると、台湾は地理的条件で雨が多いそう。



とくに台北市は年間300日は雨と言う説もあり
台湾旅行で雨は致し方がないそうなので、
折り畳み傘とフード付きのアウターで臨みました。



母娘2人のゆるめな台湾旅行の中で、絶対に外せない場所が2カ所。
国立台湾大学 と、九份



中華圏に興味を持つ娘。
日本の東大のごとく台湾一の名門である国立台湾大学は、
日本の大学との提携が多く交換留学等も活発とのことで
大学選びの選択肢のひとつとなればと。



そして九份は、"千と千尋の神隠し" のモチーフとなったと言われている
日本人に大人気の観光名所。
とくに夜の雰囲気が素晴らしいとのことなので、
山の上にある九份だけは、ツアーを申し込みました。



2日目、まずは国立台湾大学へ。
ホテルから昨夜の駅とは反対方向へ真っ直ぐしばらく歩いた先にあるので
街並み散策がてら徒歩でのんびり向かいました。



赤と緑が仲良く並ぶかわいい郵便ポスト。
赤が国外と速達、緑が国内だそう。





消防署では救急車が充電中。
かわいいワーゲンバス。





お馴染みの光景に出くわし思わずパチリ。
ここでも頑張っているんだなぁ~と感慨深く。





そして到着。
とても広大な敷地。





台北の街並み同様、新と旧が混在。





工学部の応用力学館。





人けがなかったので恐る恐る中に入って見たところ、
何やら話しこむ教授と学生らしき3人組とバッタリ。
しかし特にとがめらることなく素通りでホッと安心。



キャンパス内にはおしゃれなカフェ、そして池等もあり
明らかに学生ではない老夫婦や赤ちゃん連れの若いお母さんが散歩をしていたりと
ゆったりのんびりとした大らかな印象。





広い敷地でとてもすべて見て回ることは出来ませんが、
学生たちは皆個性的、生き生きと活気に満ち溢れ
楽しげにキャンパスライフを送っている様子が見て取れました。



歩き疲れたので大学前のスタバで休憩。
悠遊カードが使えました。
ご当地タンブラーがズラリで心惹かれるも購入には至らず。





大学を出ると、大安森林公園
台北市の真ん中に位置する大きな公園で
鳩よりスズメより、たくさんのリスを見掛けました。





夕方集合の九份ツアーまではまだ時間があるので 公園を抜け、
MRT淡水信儀線『大安森林公園駅』から1本で行ける
台北101 へ行くことに。



地下鉄構内には花王の広告が。
佐々木希さんと菅野美穂さん、美しさは世界共通。





101階建ての超高層ビル 台北101。
2007年までは世界一の高層ビルだったようで、
台北市内からもよく見えました。





混雑しているというウワサの展望台には上がらず地階のフードコートへ。
お腹が空き過ぎて、とにかく早く食べたいという
娘のリクエストでマクドナルド。





ハンバーガーとフライドポテトの味は変わりないものの
紅茶の味が若干独特でした。



食べ終えると、またMRT淡水信儀線に乗り
ツアーの待ち合わせ場所の『中山駅』へ移動。
せっかくなので駅そばにある 台北當代藝術館 へ。





前衛的な作品を堪能し、
ツアーの待ち合わせ場所である、金龍藝品 へ向かいました。








にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



← prev    top    next →




コメント