[香港] 香港へ! 3泊4日の旅準備

もうすぐ 香港旅行。
3泊4日のコーディネイトが オール無印良品 に決まり
MUJIで行く、MUJIで過ごす香港の旅 となりそうです。
 → MUJI で行く、先取り初夏 香港の旅



そして今日は、
荷物のパッキング作業をしました。






持ち歩くバッグ

機内と旅行中、
持ち歩くバッグはこの2つに決定。






エルベシャプリエの斜め掛けポシェットと
無印っぽい生成のショルダートート。
実はこのトート・・・






昨年、美大フェアを訪れた際
資料の持ち帰り用に頂いた 日大藝術学部 さんのもの!
しっかりとしたコットン製、ボタン留めもでき
肩掛けするにも手に持つにもちょうどいい
絶妙な長さのショルダーで旅歩きにピッタリ。
美大生気分? で使わせて頂きます♪





トートの中には、



のど飴・ガイドブック・文庫本・折り畳み傘
ハンカチ・ウェットティッシュ
医薬品や衛生品をまとめたジップロック袋

《当日 追加》
メイクポーチ・メインのお財布
パスポート・航空券の引き換え紙・日程表等





小さなポシェットには、



モバイルバッテリー・旅行用のお財布

《当日 追加》
iphone・鍵





これらのものを入れる予定。
乾燥や乗り物酔い対策にのど飴は必需品。
台湾では日本製ののど飴がとっても高価でした。
なのでこの他に予備で龍角散も1袋持って行きます。



モバイルバッテリーは、この旅行のために購入。
普段、移動中に充電するということが皆無な為
昨年の台湾旅行の際用意をしなかったところ
写真を撮りまくっていたらあっという間に充電切れに。。。



台湾シャンプーで、髪をタワーのように逆立てたところを
撮ることが出来ずに残念な思いを。
と言うことで、今年は張り切って用意しました。






これで心置きなく写真を撮りまくれます!







スーツケースに入れるもの

スーツケースに入れるものは、
5つに仕分けを。



 ● メイク・日用必需品
 ● 医薬品・衛生品・日用品等
 ● 部屋着・タオル等
 ● 下着3日分
 ● 衣類 3日分



アメニティとして、
歯ブラシ・石鹸・シャンプー・リンス・
バスタオル・フェイスタオル・ハンドタオル・ドライヤー等
が備えてあるとのことなので荷物は最小限に。



部屋着・タオル等を入れているキレイな柄バッグは
同様に美大フェアで頂いた、東京造形大学 さんのもの。
こちらは薄手で嵩張らず衣類の仕分け用にピッタリ。



そしてメイクバッグ以外は
fog linen work のリネンのもの。
着用した服をそのまま入れて持ち帰り、
袋ごとポーンと洗濯機に入れ洗濯出来るので
旅行の必需品でとても重宝しています。



これらをパッキング。






無事スーツケースの片側に収まりました。
もう片側使用予定の娘は・・・
準備している気配なし。。



試験勉強同様、
直前にものすごい集中力を持って追い上げるタイプなので
口を出さずに見守ることにします。




これで準備万端! ・・・私は。
あとは猫さんのお世話を夫に頼み出発するのみ♪






深夜特急

モバイルバッテリーの他に、
この香港旅行の為に購入したもの。





両替のことを調べていたら、
やたらでてくる チョンキンマンション・・・



重慶大厦
(チョンキンマンション)

観光客が集まる繁華街の一等地にありながら、
数多くの安宿が密集しているビルとして有名。
両替商・カレー店・アフリカ料理店・南アジア等の
民族衣装店やCD店、紳士服の仕立て屋、
雑貨店の多さでも知られており、
これらの店を目的に訪れる観光客も少なくなく、
また、南アジア、中東、アフリカなどの出身者の
コミュニティができている場所でもある。
そのため、香港の複雑な民族構成を象徴する建物として、
数多くの映画や小説の舞台となっている。
Wikipedia より抜粋 )



ちょっぴり怪しげなムード。
そしてさらに調べてみると・・・
そこに 深夜特急 の文字が。



深夜特急・・・懐かしい。。
偶然テレビで見たドラマ。
その主人公、大沢たかおさんに一目惚れ。
一重好き、今だに大ファンです!



その大沢たかおさんが
熱風アジア編 で宿泊していた宿が
この チョンキンマンション と言うでは!?



絶対絶対、訪れます!
ここで 両替 & インドカレーを食べるというのを
旅程に組み入れました♪







そして行きの機内で小説を読み、
気分を最高潮に盛り上げますよー!
楽しみ♪








にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



← prev    top    next →




コメント